予防接種・各種健診・
保健指導

予防接種のご案内

  • 予防接種は、ワクチンを接種することをいいます。現在、ワクチンで予防できる病気は、20種類以上あります。
    ワクチン接種には「あなた自身を守る(個人防衛)」と「あなたの家族や周りの人を守る(社会防衛)」の2つの役割があります。適切に予防接種を行うことで、あなた自身とあなたの大切な方々を守りましょう。

    • 以前に予防接種の際に高熱や重篤な副反応があった方はお申し出ください
    • 大部分のワクチンはご希望の時点で発注いたしますので、まずはお問い合わせください
  • ワクチンについての情報を得られるウェブサイト

    ワクチンについてより詳しくお知りになりたい方は、以下サイトをご参照ください。ワクチンにかかわる様々な情報をわかりやすくお伝えしています。
    ※これらのサイトは常時更新されているものではありません。最新の情報でない可能性があるので参考にとどめてください。

ワクチン

  • 新型コロナワクチン

    新型コロナワクチンの接種により、重症者や死亡者の減少、感染拡大の防止などが期待できます。使用するワクチンは数万人規模の比較試験により、重大な副反応がみられないことを確認済みです。薬事承認後も専門家による評価・報告が行われており、国が主導となって安全性の確保を徹底しています。
    接種後は発熱や倦怠感など、一時的な体調不良はありますが、病気による死亡と不妊の増加への直接的な因果関係はこれまで確認されていません。

    にいじゅく診療所
    新型コロナワクチン専用ダイヤル
  • インフルエンザワクチン

    特に冬季に大流行するインフルエンザですが、葛飾区ではインフルエンザワクチンの助成制度があります。接種当日に65歳以上の方が対象です。
    接種票をお受け取りでない場合は、葛飾区インフルエンザワクチン専用ダイヤル(03-5944-8886)にお問い合わせください。

  • 肺炎球菌ワクチン

    肺炎の原因はさまざまですが、約半数は肺炎球菌による発症といわれております。肺炎は重症化しやすく、命の危険にもかかわる病気です。肺炎球菌による肺炎の発症や重症化を防ぐには、肺炎球菌ワクチンの接種がおすすめです。
    ※肺炎球菌感染症のワクチン接種は、すべての肺炎を防ぐものではありません。あらかじめご了承ください。
  • 帯状疱疹ワクチン

    帯状疱疹とは、水ぶくれのような赤い発疹が帯状に現れる病気です。身体の左右どちらか一方に発疹がみられ、胸・背中・腕などの上半身に特に多い症状です。
    帯状疱疹の原因は、多くが、水ぼうそうウイルスといわれています。過去に水ぼうそうに感染した後も体内にはウイルスが潜伏しています。加齢やストレスなどのさまざまな原因により、免疫力や抵抗力が弱くなった時にウイルスが再活性化し、帯状疱疹を発症するのです。特に50代から発症率が高くなり、80歳までの約3人に1人が発症するといわれています。
    発症や重症化を防ぐには、帯状疱疹ワクチンの接種がおすすめです。
  • 風疹ワクチン

    風疹ワクチンの接種はお済みですか?
    ワクチン制度の変遷により、1962年4月2日~1979年4月1日生まれの男性は風疹ワクチン接種が不十分な可能性があり、成人男性の風疹が近年増加しています。
    大人になってから風疹に感染すると重症化しやすいだけでなく、妊娠初期の女性が風疹に感染すると赤ちゃんが難聴や心臓病などの「先天性風疹症候群」にかかる恐れがあるため、社会全体でワクチンによる予防対策が望まれています。
    当院で風疹ワクチンの接種が可能ですので、ご心配な方はお問い合わせください。
    まず風疹抗体検査を行い、その結果、風疹への免疫が不十分な方にはワクチン接種を行います。

  • 風疹助成制度について

    風疹ワクチンの接種は助成制度があります。対象の方と助成内容は下記になりますので、ご利用ください。

    全国のみなさん 1962年4月2日~1979年4月1日生まれの男性

    国(厚生労働省)より助成があります。
    昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性にはクーポンが送られてきますので、希望される方はクーポンをお持ちになってご来院ください。
    昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性の方は、クーポンは申込み制です。ですが、まずは当院までお気軽にお問合せ下さい。

    厚生労働省風疹の追加的対策について

    葛飾区民のみなさん 葛飾区民は19歳以上の方(男女)

    葛飾区民は、検査費用は全額助成、風疹ワクチン接種が望ましい方はワクチン接種も全額助成を受けることができます。

    葛飾区医師会(風疹抗体検査及び風しん(MR)任意予防接種の費用一部助成を行っています)

特定保健指導のご案内

  • 特定健康診査の結果から、将来、糖尿病などの生活習慣病になる可能性が高いとわかった方を対象に行います。
    生活習慣を改善するために、お一人お一人の健康状態や生活習慣に合わせて食事指導や運動指導、体重管理などのアドバイス・支援を行います。
  • 対象の方

    葛飾区国民健康保険に加入している40歳から74歳までの方
    ※糖尿病、高血圧症、脂質異常症の治療に係る薬剤を服用している方は、すでに医師の指導を受けているため、保健指導の対象になりません。
    ※対象となった方には、特定健康診査の結果説明の時に保健指導のご案内などをお渡しします。

    実施期間

    6月中旬から(初回面接から6カ月以上経過後の評価まで)

  • 生活習慣の改善の必要度に応じて「動機づけ支援」と「積極的支援」に分かれます

    動機付け支援(保健指導の必要度が中程度の人)

    医師や保健師、管理栄養士などの専門家と、基本的に1回面接を行い、お一人お一人の健康状態や生活習慣に合わせて、生活習慣を改善するためにできることをアドバイスいたします。
    また、生活習慣を改善するためにできることや目標(体重・お腹まわりのサイズダウンなど)を立てていただきます。
    最初の面接から6カ月以上経ったら、体重やお腹まわりのサイズなどを確認いたします。

  • 積極的支援(保健指導の必要度が高い人)

    まずは医師や保健師、管理栄養士などの専門家と面接を行い、改善を進めていきます。最初の面接から6カ月以上経ったら、体重やお腹まわりのサイズなどを確認いたします。具体的な改善策は次のとおりです。

    • 3カ月以上続けて専門家が面接・電話・メールなどを行い、アドバイスいたします。
    • 保健指導相談室で最初の面接を受けた方には、講座や講習会などで、食事や運動について具体的にアドバイスいたします。
アクセス コロナワクチン03-5876-3838 その他お問い合わせ03-3607-2583