ブログ・お知らせ|葛飾区新宿の内科・循環器科|にいじゅく組合診療所

プライマリ・ケアとは?

2021年12月10日(金)

プライマリ・ケアとは

プライマリ・ケアとは
身近で、何でも相談にのってくれる
総合的な医療のことです。

「プライマリ・ケア」という言葉の定義は幅広く、言葉が使用される場面によってニュアンスに若干の差がございますが、端的には「身近で、何でも相談にのってくれるかかりつけ医等により提供される総合的な医療」という意味合いがあります。

総合的な医療とは

「総合的な医療」とは、一つの診療科にとらわれない全般的な医療を指します。

「高次医療機関での専門特化した診療や治療との連携」、また「得意とする分野・不得手の分野を互いに補う」といった地域内での連携、なども総合的な医療として考えられております。

医師による医療のみに留まらず、介護・福祉・保健による、あるいは多職種連携による地域のケア・チームによる医療なども含め、多角的に患者さんの健康をサポートしていく、という考え方が「プライマリ・ケア」です。

当診療所も地域プライマリ・ケアを担う者として、またより充実した地域プライマリ・ケアを提供できる一員として、引き続き研鑽を積んでいきたいと考えております。

【求人】看護師募集を終了いたしました

2021年12月8日(水)

看護師募集を終了いたしました。
ご応募ありがとうございました。

副院長が「日本禁煙学会認定 禁煙認定指導医」を取得しました。

2021年1月21日(木)

洋一副院長が「日本禁煙学会認定 禁煙認定指導医」を取得しました。

新型コロナウイルス感染症の検査について

2020年8月3日(月)

・新型コロナウイルスの検査としてPCR検査(鼻腔/咽頭ぬぐい液・唾液)、抗原検査(鼻腔/咽頭ぬぐい液・唾液)、抗体検査(血液)があります。現在新型コロナウイルス感染しているかの判断にはPCR検査と抗原検査が、過去に感染していたかの判断には抗体検査が適しています。

・PCRはポリメラーゼ連鎖反応の英語表記の略です。具体的には新型コロナウイルスの特徴的な遺伝子配列を増幅して検査する方法で、現在最も信頼性が高い検査です。メリットは信頼性が最も高い点、費用は医師が必要と認めた場合は初診料や診察料のみで検査自体の費用はかからない点、デメリットは検査結果がでるまで1~3日掛かる点、検査可能な施設が限られる点です。

・抗原検査は、新型コロナウイルスの特徴的なタンパク質の有無を調べる検査で、発症2日~9日の期間限定でPCR検査と同等の診断価値がある検査です。メリットはすぐに検査結果が反面する点、PCRと同様に費用は医師が必要と認めた場合は初診料や診察料のみで検査自体の費用はかからない点、デメリットは精度がPCR検査より劣る点、検査期間が限られる点、検査可能な施設が限られる点です。

・抗体検査は、新型コロナウイルス感染の際に起こる反応(抗体産生)を検査する方法です。抗体は感染数日~3週間ほどかけて産生/上昇します。メリットは、検査可能な施設が多い点、過去に感染したかを確認して安心が得られる点、デメリットは現在感染しているかは判断出来ない点、自費診療になる点です。当院では外注会社で検査してもらい、結果がでるまで1~3日ほどです。自費診療となりますので、詳細はお問い合わせください。

休診のお知らせ

2020年7月8日(水)

7月17日(金) 洪院長が休診となります。洋一副院長は通常どおり診療いたします。

夏期休診のお知らせ

2020年7月8日(水)

8月8日(土)~8月15日(土)まで夏期休診いたします。
8月16日(日)より通常診療いたします。

著書・論文

2020年7月7日(火)

【著書・論文(英語)】
Wada H, Suzuki M, Matsuda M, Ajiro Y, Shinozaki T, Sakagami S, Yonezawa K, Shimizu M, Funada J, Takenaka T, Morita Y, Nakamura T, Fujimoto K, Matsubara H, Kato T, Unoki T, Takagi D, Wada K, Wada M, Iguchi M, Masunaga N, Ishii M, Yamakage H, Kusakabe T, Yasoda A, Shimatsu A, Kotani K, Satoh-Asahara N, Abe M, Akao M, Hasegawa K; ANOX Study Investigators. Distinct Characteristics of VEGF-D and VEGF-C to Predict Mortality in Patients With Suspected or Known Coronary Artery Disease. J Am Heart Assoc. 2020 May 5;9(9):e015761.
Wada H, Suzuki M, Matsuda M, Ajiro Y, Shinozaki T, Sakagami S, Yonezawa K, Shimizu M, Funada J, Iguchi M, Masunaga N, Ishii M, Yamakage H, Kusakabe T, Yasoda A, Shimatsu A, Kotani K, Satoh-Asahara N, Abe M, Akao M, Hasegawa K; ANOX Study Investigators. Impact of Smoking Status on Growth Differentiation Factor 15 and Mortality in Patients With Suspected or Known Coronary Artery Disease: The ANOX Study. J Am Heart Assoc. 2020 Nov 17;9(22):e018217.
Koike T, Mori F, Maeda R, Kobayashi K, Sakai M, Oyabu K, Matsui Y, Yoshikawa M, Sugiyama K, Ajiro Y, Iwade K. Semi-urgent pulmonary vein isolation using cryoballoon for haemodynamically unstable atrial fibrillation storm in a patient with low cardiac output syndrome: a case report. BMC Cardiovasc Disord. 2020 Sep 11;20(1):413.
Ajiro Y, Nino H, Ueda T, Bonkohara Y., Granulocyte-colony stimulating factor– and interleukin-1β–positive cardiac myxoma accompanying neutrophilic dermatosis. JTCVS Techniques 2020; 1: 69-71.
Ajiro Y, Sekiguchi H, Akita T, Fukunaga H, Iwade K. Estimation of OptiVol alert for identifying heart failure in conventional bradyarrhythmia pacing patients with preserved left ventricular function: A multicenter prospective cohort study (OptiVol study). Philipp J Cardiol 2019;47(1):10-15.
Nomura K, Ajiro Y (equal contribution to first author), Nakano S, Matsushima M, Yamaguchi Y, Hatakeyama N, Ohata M, Sakuma M, Nonaka T, Harii H, Utsumi M, Sakamoto K, Iwade K, Kuninaka K. Characteristics of mitral valve leaflet length in patients with pectus excavatum: A single center cross-sectional study. PLoS One. 2019 Feb 11;14(2):e0212165.
Wada H, Suzuki M, Matsuda M, Ajiro Y, Shinozaki T, Sakagami S, Yonezawa K, Shimizu M, Funada J, Takenaka T, Morita Y, Nakamura T, Fujimoto K, Matsubara H, Kato T, Unoki T, Takagi D, Ura S, Wada K, Iguchi M, Masunaga N, Ishii M, Yamakage H, Shimatsu A, Kotani K, Satoh-Asahara N, Abe M, Akao M, Hasegawa K; ANOX Study Investigators. VEGF-C and Mortality in Patients With Suspected or Known Coronary Artery Disease. J Am Heart Assoc. 2018 Nov 6;7(21):e010355. doi: 10.1161/JAHA.118.010355.
Sekiguchi H, Ajiro Y, Uchida Y, Jujo K, Iwade K, Tanaka N, Shimamoto K, Tsurumi Y, Kawana M, Hagiwara N. Contrast-Induced Nephropathy and Oxygen Pretreatment in Patients With Impaired Renal Function. Kidney Int Rep. 2017 Aug 12;3(1):65-72. doi: 10.1016/j.ekir.2017.08.002. eCollection 2018 Jan
Yazaki K, Ajiro Y, Shimizu K, Mori F, Yagihara N, Sato A, Takahashi T, Iwade K., Ventricular fibrillation due to early repolarization syndrome in the wake of hypothermia due to fulminant acute disseminated encephalomyelitis. Circ J 2017 Sep 20. doi: 10.1253/circj.CJ-17-0748
Yazaki K, Ajiro Y, Mori F, Watanabe M, Tsukamoto K, Mizobuchi K, Saito T, Iwade K., Multiple focal and macroreentrant left atrial tachycardias originating from a spontaneous scar at the contiguous aorta-left atrium area in a patient with hypertrophic cardiomyopathy: A case report. BMC Cardiovascular Disorders 2017; 17(1):29. doi:10.1186/s12872-016-0448-3.
Yazaki K, Ajiro Y, Hasegawa S, Watanabe M, Tsukamoto K, Mizobuchi K, Saito T, Mori F, Iwade K., Myopotential oversensing notified by Lead Integrity Alert in a patient with implantable cardioverter defibrillator with a dedicated bipolar epicardial sensing lead. Clin Case Rep. 2016; 4(12):1091-1095.
Ajiro Y, Mori F, Iwade K. Abrupt disruption of remote monitoring transmission as an indicator of safe backup mode. Europace (2016): doi:10.1093/europace/euw203.
Ajiro Y., Shiga T., Shoda M., Hagiwara N., Surface electromyography of myopotential oversensing provoked by simultaneous straining and leftward twisting in a patient with an implantable cardioverter defibrillator. Heart Vessels. 2016; 32(3):364-368. doi: 10.1007/s00380-016-0888-9.
Morita S, Ajiro Y, Uchida Y, Iwade K.:Dabigatran for left atrial thrombus. Eur Heart J. 2013 Sep;34(35):2745. Epub 2013 May 22.
Sekiguchi H, Ajiro Y, Uchida Y et al.:Oxygen pre-conditioning prevents contrast-induced nephropathy (OPtion CIN Study). J Am Coll Cardiol. 2013 Jul 9;62(2):162-3. Epub 2013 May 1.
Ajiro Y, Saegusa N, Giles WR, Stafforini DM, Spitzer KW:Platelet Activating Factor Stimulates Sodium-Hydrogen Exchange in Ventricular Myocytes. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2011 Dec; 301(6):H2395-401. Epub 2011 Sep 23.
Watanabe E, Matsuda N, Shiga T, Kajimoto K, Ajiro Y, Kawarai H, Kasanuki H, Kawana M:Significance of 8-hydroxy-2′-deoxyguanosine levels in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy. J Card Fail. 2006 Sep;12(7):527-32.
Ajiro Y, Hagiwara N, Kasanuki H.:Assessment of markers for identifying patients at risk for life-threatening arrhythmic events in Brugada syndrome. J Cardiovasc Electrophysiol. 2005 Jan;16(1):45-51.
Yamada Y, Ajiro Y, Shoda M, Kawai A, Hagiwara N, Kurosawa H, Kasanuki H.:Video-assisted thoracoscopy to treat atrial tachycardia arising from left atrial appendage. J Cardiovasc Electrophysiol. 2006 Aug;17(8):895-8.
Ajiro Y, Hagiwara N, Katsube Y, Sperelakis N, Kasanuki H.:Levosimendan increases L-type Ca(2+) current via phosphodiesterase-3 inhibition in human cardiac myocytes. Eur J Pharmacol. 2002 Jan 18;435(1):27-33.
【著書・論文(日本語)】
森由華, 長谷川瞬, 網代洋一, 森文章, 前田遼造, 椙山恒, 齋藤貴士, 八木原伸江, 佐藤光希, 岩出和徳, 古谷良輔. 心室細動蘇生後低体温療法中に出現したBrugada型心電図を契機にBrugada症候群と診断した1例. 心臓2020; 52(5): 548-553.
網代洋一, 鈴木大輔, 西村祥一, 望月聡之, 深瀬史江, 塩田志乃恵, 菊地龍明, 宇治原誠:国立病院機構横浜医療センターにおける中心静脈カテーテル登録医制度の導入と評価. 日本医療マネジメント学会雑誌2018; 18(4): 217-222.
矢崎恭一郎, 森文章, 網代洋一, 渡邉真広, 塚本圭, 齋藤貴士, 溝渕景子, 岩出和徳: 反復性運動後失神の原因と考えられる左室流出路狭窄を, イソプロテレノール負荷左室 – 大動脈同時圧測定で証明しえた潜在性閉塞型S字状中隔の1例: 心臓2016; 48(9): 1043-1048.
服部英敏、清水邦彦、森田彩恵、逸見隆太、内田吉枝、網代洋一、森文章、小林康徳、岩出和徳、田中直秀:大動脈内バルーンパンピングを必要としてトラスツマブによると考えられる心不全の1例:心臓2014;46(11):1470-1475.
大木摩希子, 庄田守男, 谷崎剛平, 河原井浩孝, 網代洋一, 佐藤高栄, 高橋一浩, 真中哲之, 江島浩一郎, 萩原誠久, 笠貫宏:Pilsicainide静注により持続性単形性心室頻拍が誘発されアブレーションを行った1例:臨床心臓電気生理 2006;29:241-248.
萩原誠久, 網代洋一, 笠貫宏.【内科疾患の診断基準病型分類・重症度】 診断メモ Brugada症候群. 内科(0022-1961)95巻6号 Page1362-1363(2005.06).
網代洋一, 笠貫宏:冠動脈疾患と植込み型除細動器. 新心臓病プラクテイス5, 冠動脈疾患を見るⅡ. 文光堂 2005年: Page 100-102.
網代洋一, 萩原誠久, 笠貫宏: 【内科疾患の診断基準病型分類・重症度】 V.循環器, 心室頻拍の診断基準・病型分類・重症度. 臨床雑誌「内科」第95巻 第6号(2005年6月増大号): Page 1321-1328.
江島浩一郎, 庄田守男, 谷崎剛平, 真中哲之, 佐藤高栄, 網代洋一, 河原井浩孝, 高橋一浩, 萩原誠久, 笠貫宏:慢性心房細動症例に対する生理的ペースメーカ植え込みの経験 Electroanatomical mappingによる残存心房筋の評価に基づいて:心臓2005;37(Suppl.4):29-35.
佐藤高栄, 庄田守男, 谷崎剛平, 河原井浩孝, 網代洋一, 高橋一浩, 真中哲之, 江島浩一郎, 萩原誠久, 笠貫宏:左房後壁で遅伝導路アブレーションに成功した稀有型房室結節リエントリー性頻拍の1例:臨床心臓電気生理2005;28:129-138.
萩原誠久, 梶本克也, 網代洋一, 弓野大, 笠貫宏:不整脈源性右室心筋症. 最新医学2005; 60(10): 2273-2279.
真中哲之, 庄田守男, 谷崎剛平, 網代洋一, 河原井浩孝, 佐藤高栄, 原田明子, 古賀祥一, 山田雄一郎, 梶本克也, 萩原誠久, 笠貫宏:機能的右室の心筋障害を伴うEbstein奇形に合併したリエントリーを機序とした持続性単形性心室頻拍の1例:心臓2004;36(Suppl.4):108-115.
藤森完一, 庄田守男, 谷崎剛平, 河原井浩孝, 網代洋一, 原田明子, 小田川幸成, 井上完起, 西本正興, 芹沢直紀, 松田直樹, 萩原誠久, 笠貫宏:金属アレルギーが疑われた症例に対するICD植込み経験:心臓 2003;35(Suppl.4):150-154.
河原井浩孝, 庄田守男, 芹澤直紀, 小田川幸成, 金井佐恵子, 原田明子, 佐藤明, 桶谷直也, 上野一弘, 真中哲之, 網代洋一, 遠田賢治, 谷崎剛平, 杉浦亮, 萩原誠久, 笠貫宏:Disorganized Reentryを機序とする心房頻拍に対するカテーテルアブレーションの1例:臨床心臓電気生理2003;26:59-66.
萩原誠久, 網代洋一, 長崎陽子, 藤森完一, 谷崎剛平, 梶本克也, 松田直樹, 庄田守男,笠貫宏:Brugada症候群のリスク評価.心電図 2003;23(suppl-4): 29-32.
萩原誠久, 網代洋一, 長崎陽子, 笠貫宏:Brugada症候群. 心電図2002; 19(12): 2049-2051.
原田明子, 庄田守男, 芹澤直紀, 小田川幸成, 金井佐恵子, 伊藤大樹, 真中哲之, 桶谷直也, 上野一弘, 網代洋一, 遠田賢治, 河原井浩孝, 谷崎剛平, 杉浦亮, 萩原誠久, 笠貫宏:Wenckebach型exit blockを認めたマイクロリエントリー性心房頻拍の1例:心臓2002;34(Suppl.4):8-13.
萩原誠久, 関明子, 長崎陽子, 網代洋一, 笠貫宏:ヒト心房筋イオン電流の特徴と抗不整脈薬の作用.心電図2002;22(suppl-3): 3-11.
萩原誠久, 関明子, 上勢敬一郎, 網代洋一, 笠貫宏:各種動物における心房筋細胞イオンチャネル―Kチャネルを中心に―.心電図1999;19(suppl-1): 53-56.
大西哲, 笠貫宏, 庄田守男, 松田直樹, 網代洋一, 川城直美, 細田瑳一. Overdrive suppressionによるSSSの分類とその意義:心電図1996;16(4):332-339.

日本医師会認定「健康スポーツ医」取得

2020年7月7日(火)

洋一副院長が日本医師会認定「健康スポーツ医」を取得しました。

1 2 3 4 5